新しいドライブレコーダーの取付2017/06/15 18:45


前後同時撮影できるドライブレコーダーとして、青木製作所の「AMEX-A05W」を購入した。購入に至った経緯は「前後同時撮影できるドライブレコーダーの選定」を参照して頂きたい。所用で直ぐには取付できなかったが、初期不良として申告できる1週間以内に取付&動作確認しなければならない。

録画モードとして「常時録画/衝撃録画/駐車録画/モーション録画」があるが、駐車録画とモーション録画を有効にするには常時電源供給しなければならない。バッテリー保全のための電圧設定(設定電圧以下になれば電源OFF)があるので、バッテリー直結しても多分大丈夫だろう。

ヒューズボックス内の未使用(予備?)端子に常時DC12V電源が来ている箇所がある。以前に、その箇所にヒューズを入れて電源を取って(ACC電源でスイッチを取り付けて)シガーソケットを増設した。

今回、その箇所(ヒューズ出力側)に二股配線コネクタを取り付け、ここから常時DC12V電源を取ることにした。この箇所を束ねた結束バンドを外すと、配線はグチャグチャである。このグチャグチャな配線は、全て己で施工(レー探/ドラレコ/スロコン/増設シガーソケット用リレー&SW)したものである。一応予定している配線のギボシ端子に常時12Vが来ているかテスターで確認する。

現状の配線に手を加えたくないので、二股配線コネクタを自作する。画像下の二股が残っていた市販品(DC12V側)で、画像上の二股が自作したもの(GND側)である。ギボシ端子で繋いである箇所に、この二股配線コネクタを挟んでDC12Vの常時電源を取り出す。

二股配線コネクタを取り付けた状態で、テスタで(エンジン停止状態で)DC12V電源が常時来ていることをもう一度確認する。

ドライブレコーダーの電源線にギボシ端子を取り付け、二股配線コネクタに接続する。電源接続はこれで完成である。グチャグチャな配線整理は後で整理する。

リアカメラをリアに適当に床置きし、GPSを仮取付し、microSDメモリを挿す。取り敢えず動作確認のため、ドライブレコーダーの電源を入れて見る。

動作は問題なさそうなので、見えないよう配線処理を行う。足元のグチャグチャな配線は、束ねて結束バンドで固定する。

運転席側の右側Aピラーのカバーを外し、そこに電源線とリアカメラ用ケーブルを通す。ここのピラーカバーは何度も外しているので、固定ピンがだいぶ甘くなっている。
現状のドライブレコーダー「GARMIN GDR32」用電源線は、一応このまま残しておく。

リアカメラ用ケーブルは、右側Aピラーから運転席足下に落とし、運転席シート足元のステップカバー内を通す。押しても引いてもカバーが外れないので、力ずくでカバーを外したのだが、その為にピンが1本折れてしまった(-_-;)

リアの右側スライドドアのステップカバー内を通してスライドドア開口部後方まで這わせる。こちらのカバーは割と簡単に外れた。

リア右側スライドドアのボディ側パッキンの室内側ゴムヘリ内に電線を押し込み、ドア開口部に沿って上に這わせる。

右側リアの嵌め殺し窓ガラス上のカバー切れ目に沿って、電線を押し込む。


カバーのヘリからは、リアハッチ開口部ヘリのゴムパッキンと天井化粧板の間に電線を押し込み、リアハッチヒンジ面の中央まで這わす。

リアカメラはリアガラスセンターの上端(熱線とハイマウントストップランプ間のガラス内側)に貼り付けた。カーテン開閉の邪魔にならない位置だと、どうしてもセンター取付となる。

天井カバー内に余分なケーブルを押し込み、リアハッチセンターのリアカメラに接続する。リアハッチを開閉してもケーブルが突っ張らないよう、ケーブルは少し弛ませておく。

リアカメラ用配線はほぼカバー内に押し込んだので、露出しているのはリアハッチ開閉部のこの箇所だけ。

GPS取付は、取扱説明書では窓ガラスに貼り付けるよう記述されていたが、ドライブレコーダー本体近くの天井カバー内に押し込んだだけである。今後の運用でGPS補足できないとか、隙間から落ちたりビビり音がするようなら、取説通りにフロントガラス内側に貼り付ける。

フロントカメラ(ドライブレコーダー本体)の取付だが、これまで使用していたドライブレコーダーの取付ステーを剥がすのに時間が掛かってしまった。フロントカメラ用取付ステーは両面テープでフロントガラスに貼り付け、配線も極力見えないようにカバー内に押し込んだ。これで取付&配線は全て終了である。



お試しの為に少しドライブし、フロント画像とリア画像がドライブレコーダー本体の液晶に表示されることを確認する。実運用では、常にリア画像を表示したままにするつもりである。液晶サイズは大きい(3.5インチ)ので見やすい。天井に押し込んだだけのGPSも補足する。



録画画像の確認は…<続く>

コメント

_ たびいくひと ― 2017/06/16 06:47

おはようございます。
さすが気旅さんだと思いました。
自分のドライブレコーダーは、はまだ配線を完了していませんが
ほとんどが露出配線です。
ピラーの外し方も知りませんので(笑)。
リアカメラは、リアウインドウがスモークなので、外部にしましたが
素人すぎていると思います(取り付け雑(笑))
まだ本格試験もしていません。

_ 気旅 ― 2017/06/16 08:29

たびいくひとさん、おはようございます。
露出配線すると、手や荷物の角などを引っ掛けることは
ありませんか?。性格からも、家の中も車内でも配線は
見えないよう隠そうとし、車内のカバーピンは沢山破損
してます(^_^;)
リアカメラは車外取付の方が良いのかもしれませんが、
その方法や配線処理方法が判らず、車内設置用カメラの
機種を選定しました。リアガラスは薄いスモークになっ
てますが、画像を見る限りでは影響はなさそうですよ。

_ きょろ ― 2017/06/16 21:03

こんにちは
ドラコレいいですね
わたしはまだ買っていませんが
事故の証拠用にほしいとおもってます

_ 気旅 ― 2017/06/16 21:18

きょろさん、こんにちは。
3年余り前、車中泊旅を始めるに当たって、ドライブレコーダーを
装着しましたが、現時点では証拠として使った事象はありません。
先日の後続車に煽られた際は、警察にドライブレコーダーの画像
を提出しようとしたところ、事故でもないので保留になりました。
この出来事で後方画像の必要性を感じ、今回ドライブレコーダー
更新に至りました。トラブル時に水掛け論に終始しても、画像が
あれば証拠になりますし。
費用は掛かりますが、きょろさんもぜひ装着してください(^^)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2014年夏に東北・北海道へ車中泊旅行しましたが、その際の車は何でしょうか? カタカナ3文字です。

コメント:

トラックバック