ドライブレコーダーの動作確認2017/06/17 17:10

前後同時撮影できるドライブレコーダーAMEX-A05W」を購入し、自前で装着した。それらの経緯は「前後同時撮影できるドライブレコーダーの選定」と「新しいドライブレコーダーの取付」参照して頂きたい。

その翌日に1時間ほどドライブし、常時録画/駐車録画/モーション録画をモニタで確認した。衝撃録画は…残念ながら衝撃は通常では起こせない(^^ゞ



【録画画像の確認】

拙宅に戻り、録画データのあるmicroSDカードをパソコンに挿し、アプリを入れてから録画画像を確認する。まぁ、予想通りの画像である。

前方動画から得た静止画。約40km/hで走行中、
対向車のナンバーが読み取れるが、一応ぼかしておく。GPS付なので、現在地(座標)も判るが…一応これもぼかしてく(^^;

後方動画から得た静止画。信号待ちでほぼ停車した状態だったが、残念ながらナンバーは読めない。念のため、一応ナンバーはぼかして
くが…。やはり、リアカメラが30万画素だと駄目だわ。倍の値段を出せばリアカメラも100万画素以上になるのだが、ここは費用対効果で妥協した点である。

リア画像でナンバーが読めないのは想定内であり、前後同時撮影していることに意味があると思う。駐車録画やモーション録画なども確認したが、駐車録画は微妙で モーション録画は要らないかも。常時録画と衝撃録画があれば十分だと思う。

駐車中もセキュリティLEDが点滅するのは抑止力になって良いと思うし、その為には電源は常時供給しなくてはならない。取り敢えずは、モーション録画だけOFFにして様子を見る。



【リアカメラとリアワイパーの相関関係】

リアカメラの取付位置だが、リアのハイマウントストップランプの直ぐ下に取り付けたかったが、その位置だとリアワイパーの拭き取り範囲外になる。ハイマウントストップランプの少し下(熱線の少し上)に取り付け、ギリでリアワイパーの拭き取り範囲内に収まるようにした。リアワイパー拭き取り範囲外になるなら、リアワイパーを長いものに替えようかと思っていたが、取り越し苦労だったようだ。

ちと判り辛い画像だが、赤⇒が指し示す白い線の下がワイパーの拭き取り範囲となる。

リアガラスセンターにリアカメラが付いても、ルームミラーでの後方視界には全く邪魔にはならない。
ソリオはハイトカーなので 後続車はリアガラス中央より下に見え、上部はほぼ空が映るので影響がないのだ。



【テレビの映りに影響が…】

テレビの映りだが、これまでのドライブレコーダーでは車庫内でもCHによってはフルセグ視聴できたのが、車庫内でこのドライブレコーダーの電源を入れると全CHでワンセグになってしまう。車庫外に出れば全CHともにフルセグになるので大した問題ではないのかもしれないが、若干の影響を受けているようだ。

近々に電源線にフェライトコアを取り付けようと思っているが、手持ちは無いので電装パーツ屋さんで買ってこなければ。……<続く>

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2014年夏に東北・北海道へ車中泊旅行しましたが、その際の車は何でしょうか? カタカナ3文字です。

コメント:

トラックバック